スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる

  • 2009/01/30(金) 12:08:59

Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる
Excelを使ったシステムトレードで「勝ち組」投資家になる
価格: 1,890円
販売元: 楽天ブックス

著者:井上義教/オスピス出版社:同友館サイズ:単行本ページ数:164p発行年月:2007年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)勝負は5分5分であるにもかかわらずどうして負けてしまうのか、その根本的な原因にスポットライトを当て、どうすれば勝ち組投資家になれるのか、そのためには何が必要なのか、システムトレードをどのように利用していけばよいのかを明らかにした。【目次】(「BOOK」データベースより)「心理的偏向」によって損をする/「心理的偏向」を排除する仕組み/テクニカル分析/「心理的偏向」を排除するシステムトレードとは/システムトレードを作ってみよう/「負け組投資家」から「勝ち組投資家」へ【著者情報】(「BOOK」データベースより)井上義教(イノウエヨシノリ)1964年東京都生まれ。1988年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行。1991年よりロンドンの証券現法にて為替・債券のディーリング業務に従事するのを皮切りに、2003年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括した。現在、「個人投資家が負けないためのツール」であるシステム売買の啓蒙を行うため、株式会社オスピスのチーフアナリストを務める。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用











スポンサーサイト

投資の心理学

  • 2009/01/25(日) 22:54:45

投資の心理学
投資の心理学
価格: 2,730円
販売元: 楽天ブックス

「損は切って利は伸ばせ」が実践できない理由 著者:ローレンス・E.リフソン/リチャード・A.ガイスト出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:301,発行年月:2001年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、マーケットを心理学から読み解くことによって、なぜ人々がそうした行動をとってしまうのかを分析し、その処方箋を描き出す。【目次】(「BOOK」データベースより)投資家の過剰反応/リスクに対する感情/なぜ売りが難しいのか/銘柄選択の心理学/日々の投資の精神病理学/ウォール街の考え方/投資の前に行う企業診断/モメンタム戦略/過去のパフォーマンスの利用法/有利なほうに投資する/株式市場の熱狂は繰り返す【著者情報】(「BOOK」データベースより)リフソン,ローレンス・E.(Lifson,Lawrence E.)ハーバード大学メディカルスクール非常勤講師(精神医学)。タフツ大学医学部准教授。ボストン精神分析研究所員。医学博士ガイスト,リチャード・A.(Geist,Richard A.)ハーバード大学メディカルスクール専任講師(心理学)。マサチューセッツ精神分析研究所創立メンバー。心理学・投資研究所所長。心理学・市場研究所顧問・教育学博士林康史(ハヤシヤスシ)大和投資信託調査本部長付主席研究員。一橋大学大学院国際企業戦略研究科非常勤講師。東北財経大学(中国大連)客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用











投資事業組合とは何か

  • 2009/01/12(月) 08:46:42

投資事業組合とは何か
投資事業組合とは何か
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

その成り立ち・利益配分・法的位置づけから活用法まで 著者:田中慎一/保田隆明出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:194p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する投資事業組合ってなんだろう?ライブドア事件、村上ファンド事件で一躍有名になった投資事業組合ですが、その存在自体は合法です。企業にとっても、投資事業組合を活用することで、経営戦略のオプションが増えます。しかし、一般には、その実態と法的位置づけについて、あまりよくは知られていません。投資事業組合の仕組、活用法、法的な制約を解説します。【内容情報】(「BOOK」データベースより)投資事業組合が悪いわけではありません。儲ける仕組み、誰が運営しているのか、そして、法規制の行方を、現場を知る著者が解説。投資ファンドと投資事業組合って違うもの?組合と株式会社ってどう違うの?どんな人が投資事業組合に係わっているの?など、素朴な疑問にわかりやすく答えます。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 投資事業組合って、何なの?/第1章 投資事業組合の正体/第2章 投資事業組合の仕組みと機能/第3章 投資事業組合への新しい法規制/第4章 投資事業組合の契約関係のポイント/第5章 投資事業組合の実際【著者情報】(「BOOK」データベースより)田中慎一(タナカシンイチ)株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役。1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。KPMGセンチュリー監査法人(現・あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券、港陽監査法人を経て現職。大和証券SMBC、UBS証券では主としてM&Aのアドバイザリー業務に従事保田隆明(ホウダタカアキ)ワクワク経済研究所LLP代表。1974年生まれ。早稲田大学商学部卒業。リーマン・ブラザーズ証券、UBS証券、LifeOn株式会社代表取締役、ネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社執行役員(役資事業組合組成・運営担当)を経て現職。また、日テレNEWS24「まーけっとNavi」、テレビ埼玉「ビジネスウォッチ」を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用











ETFではじめる海外投資スタートbook

  • 2009/01/06(火) 13:32:27

ETFではじめる海外投資スタートbook
ETFではじめる海外投資スタートbook
価格: 1,299円
販売元: 楽天ブックス

上場投信角川SSCムック出版社:角川・エス・エス・コミュニケーションズサイズ:ムックその他ページ数:96p発行年月:2007年09月海外投資スタートBOOKETF 上場投信目次巻頭インタビューディビットA.コリンズさんが語る外国投資のススメ……2スペシャル対談山崎元さん(楽天証券経済研究所客員研究員)竹川美奈子さん「日本にもETFの時代がやってきた!」………6特別企画マンガでわかる「海外ETFはじめて物語」…10Part 1海外ETFの基礎知識魅力1 日本に居ながら世界が買える! ………………16魅力2 コストが安い!………………………………………18魅力3 リアルタイムで売買可能!………………………20仕組み1 インデックス投信との違いは? ………………22仕組み2 長期投資で多彩なニーズに応える……………24コラム1「海外ETFを売買できる証券会社はごくわずか」……………………………………………………………26Part 2日本で売買できる海外ETF●米国市場に投資するダウ工業株30種、S&P500 ………………………………28ナスダック、中小型株………………………………………30●世界に投資する先進国21カ国……………………………………………………32新興国25カ国……………………………………………………34●BRICsに投資する中国本土株………………………………………………………36香港H株、レッドチップ……………………………………38ブラジル、インド………………………………………………40(ステート・ストリート投信投資顧問商品企画担当)●アジア周辺国に投資する韓国、台湾………………………………………………………42●VISTA諸国に投資する南アフリカ………………………………………………………44●グローバル・セクターに投資する一般消費財関連、エネルギー関連など…………………46ヘルスケア関連、資本財関連など………………………48公益事業関連、テクノロジー関連など…………………50●特殊分野に投資するバイオテクノロジー、好配当株など……………………52●債券指数に投資する債券総合指数、物価連動債券指数………………………54●コモディティに投資する商品指数…………………………………………………………56コラム2「香港ETFの売買手数料で、一番安いのはどこ?」……………………………………………………………58Part 3ADRの基礎知識仕組みと魅力1 ADRが人気のワケ……………………60仕組みと魅力2 投資が難しい市場の個別銘柄を狙う62仕組みと魅力3 ADRの仕組みとその種類………………64コラム3「ADRに投資できる証券会社とは?」………66Part 4日本で買えるADR●BRICsに投資する中国本土…………………………………………………………68インド……………………………………………………………70ブラジル、ロシア………………………………………………72●その他の新興国に投資する南アフリカ、台湾、韓国……………………………………74●先進国に投資する英国、フィンランド、フランス、ドイツ、米国……76香港、オーストラリア、イスラエル、オランダ、スペイン、スウェーデン、スイス………………………78コラム4「欧州に投資できるETFは?」………………80Part 5海外ETFとADRの売買方法●海外ETFとADRの売買を始める証券口座を開設する………………………………………82ホームページから注文する………………………………84「マーケットスピード」で注文する…………………86情報の収集方法………………………………………………88●売買にかかるコストと税金…………………………90●海外ETFとADRのリスク価格変動リスク、為替変動リスクなど………………92投資対象の株価とのズレ…………………………………94(ファイナンシャルジャーナリスト)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。